お寺に金箔!

 
あっついですね。

 現場では送風機付きの作業服を導入しました。




 これが結構有効です。


あっ、猫は別売りです^^; 


 前回ちろっとお話した『お寺リフォーム』がようやくひと区切りしまして。




 ご住職の許可も頂いたので、ご報告いたします。 




 この立派な彫りを見て下さい。


 なんでも幕末にペリー提督が「国を開きなさい!」と言いに来た頃に建てた本堂らしいです。


 で、


 漆喰壁に金箔壁紙を貼るわけですが、 


 古い漆喰壁に下処理をして和紙で袋掛けをします。 






 作業台で裁断。 




 機械で糊付けとかできませんから…^^; 




 ヒロさんも一級技能士ですからね、エヘンエヘン!




 ほとんどがこんな高いところでの施工で苦労しました。 








 極楽浄土な仕上がりにご住職にもご満足いただけました。


 今回滅多にない仕事ということで、糊メーカー、問屋さん、古い付き合いのリフォーム店さん等、見学にきていただきました。


 あと、最初だけ少し不安だったので、長野から偉い先生に来ていただきました。




 高級うなぎにご満悦な偉い先生。 


 まさに“菩薩顔”ですね^^; 




 今回のお寺リフォームは、今まで勉強してきたことの集大成、一世一代の一月半でした。


 そして、たくさんのことを学べた濃密な一月半でもありました。 


この仕事をご依頼いただいたご住職と、助けていただいた方々に感謝ですね。 


 そして、


 お寺リフォームはぜひ泉内装にお任せ下さい(^^)